2010年02月24日

脳はちょっと慌てん坊

 「あと一歩力が及ばなかった」

 という経験をお持ちではありませんか?

-------------------------------------------------

 私たちは、情報処理の多くを視覚情報によって得ています。

 人間以外の動物は、

 聴覚や嗅覚を発達させていったのに対し、

 人間だけが、立体視の獲得のために

 脳の知覚細胞の多くの部分を”視覚”へと振り向けました。


 目で見えるものは、いつも身体の位置よりも

 ホンの少し前にあるもの。

 
 『ゴールが見えた(見通しが立った!)』

 と思った途端に、脳の中では

 すでにゴールに到達したと錯覚してしまうのです。


 (脳はちょっと慌てん坊なのです)


-------------------------------------------------


 <結論>

 ・脳は「ゴールした」と思った途端に、安心してしまう。

 ・安心すると、脳も身体も「休め」の状態に。

 ・最高のパフォーマンスのためには、ちょっと先にゴールを定める



 更なる脳の向上に>>>
 http://www.ryo-ma.org/rakuten/list/%E8%84%B3.html


タグ: 集中力
posted by dr-wa88 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
K氏プロデュース無料ブログテンプレート - Pro Affiliators Template
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。